一石二鳥の料理作り!自分の純粋な時間

一石二鳥の料理作り!自分の純粋な時間

一石二鳥の料理作り!自分の純粋な時間

料理をすることは、もはや趣味といっても過言ではありません。
仕事がうくいかなかったとき、旦那さんと喧嘩をしたとき、気持ちのコントロールがうまくできないときなどには、

 

 

 

必ずキッチンにたち、料理を作ります。料理をすると、頭が真っ白になり、作ることに集中できるのです。

 

 

 

作り終わったら、美味しく食べれる!という嬉しいことが付いてくる!なんて素敵な趣味なんでしょうか!

 

 

そんな私は道の駅にいって、野菜を買うことが大好きです。

 

 

 

最近ではスーパーでは見かけない面白い野菜を見つける機会が多くなり、お店の方に調理の仕方や味について質問したりしてコミュニケーションをとることも楽しい時間の一つです。

 

 

 

 

買ってきた野菜をうまく保存して美味しくいただける工夫をすること。これも美味しい料理をつくる大切なポイントです。

 

 

 

なので買い物から帰って来たら30分ほど時間がかかります。
すぐに下処理をした方が良いもの、新聞紙に包んだほうが良いもの、水洗いをして水気をしっかり切り保存するものなどなど。

 

 

 

 

 

 

私の冷蔵庫は、ザ!昭和の定食屋さん。を目指しています。

 

 

 

オーダーが入ったら、すぐに定食が出来上がる状態にしておきたいのです。

 

 

朝の忙しい時間でもしっかり野菜を食べたいと思うので、ストック料理を常に作っておいて
いざというときにささっと作れる状態を作っておくことが嬉しくてたまらないのです。

 

 

 

いつも2食分くらいのものはキープしています。煮物、サラダ、酢の物、和え物など。そうして下処理したこんにゃく、お漬物、下味をつけたお肉などなど。いかに美味しく、短時間で料理ができるかを日々研究です。

 

 

でもそれが楽しくて、仕方がありません。

 

 

 

食べたいものを食べたいときに!ができているときには、本当に気持ちがよく、体調も良いのです。

 

 

 

自己満足ですが、一石二鳥の私の趣味です。

ホーム RSS購読 サイトマップ